META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" 脱「テレビ」宣言・大衆演劇への誘い 劇団素描・「春陽座」(座長・澤村心)・《「人生双六」・正直者は勝利するか》
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2018-05-26

劇団素描・「春陽座」(座長・澤村心)・《「人生双六」・正直者は勝利するか》

【春陽座】(座長・澤村心)〈平成21年1月公演・浅草木馬館〉
 芝居の外題は「人生双六」。正直者・庄五郎(沢田ひろし)と、若者・菊之助(澤村かずま)の「友情物語」である。世の中は不景気、仕事にあぶれた庄五郎、空腹を紛らわすために菰をかぶって寝ているが、どこからともなく聞こえてきた下手な歌声に目を覚ます。歌っていたのは空き巣を稼業としている泥棒野郎(澤村心)、「一緒に仕事をやらないか」と誘われた庄五郎、「とんでもない!男は額に汗して働くもの、まっぴら御免」と断固拒否。そこへやって来たのは、若者・菊之助、庄五郎と言葉を交わすうち、「人間、正直が肝腎、心に傷をもってはいかん」という言葉にハッとする。実を言えば、今しがた、百両という大金を拾得し、「ねこばば」しようと思っていたところ・・・。「そのお金を落とした人は、どんなに嘆いていることだろう。その気持ちを思えば、お返しするのが人の道」と反省する。菊之助、庄五郎に「すんでの所で、人の道を踏み外すところでした。大切なことを教えていただきありがとう」「ついては五年後に、ここでまた会いましょう。どちらが出世をしているか人生の競争(双六)をしませんか」と提案した。庄五郎も同意、かくて五年が経過した。所は、ある材木問屋の店先、「大変だ!誰かが身投げをした」という声と共に、助けられて登場したのは件の庄五郎、衣装はボロボロ、尾羽打ち枯らした風情で見る影もない。店主(澤村新吾)が事情を尋ねると、「五年前の約束の日になったが、菊之助に会わせる顔がない」と消沈する。店主、「わかりました。ぜひともその若者に会っておやりなさい、髪を結い衣装を整える足しにして・・・」と、小判を数枚差し出した。庄五郎、ありがたく頂戴、身なりを整えて約束の場所へ。先程とは打ってかわった「成金」の衣装姿が、なんとも「けばけばしく」絵になっていた。一方、若者・菊之助、約束通り今では大店の若旦那、見事に出世した勇姿を現した。思いっきり背伸びをしてみせる庄五郎との「やりとり」が何とも楽しく、絶妙の呼吸で観客を魅了する。やがて、庄五郎の「化けの皮が剥がれる」という段取りだが、五年前、大金を落としたのは材木問屋の店主、それを届けたのは菊之助、届けるように諭したのは庄五郎、つまりは庄五郎の「正直さ」が、すべての「恩人だった」という結末で「めでたし、めでたし」という幕切れ。最後に言い放った庄五郎の名台詞、「菊之助さん、今から五年後!今度こそ『人生双六』でお目にかかりましょう」という言葉が、ことのほか頼もしく響き渡った次第である。
松竹新喜劇 藤山寛美 人生双六 [DVD]松竹新喜劇 藤山寛美 人生双六 [DVD]
(2006/04/27)
藤山寛美、酒井光子 他

商品詳細を見る




にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村 
blogram投票ボタン

観劇 ブログランキングへ

ブログランキングNo.1
ブログランキングNO1


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク


プロフィール

e184125

Author:e184125
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングNO1
ブログランキングNO1