META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" 脱「テレビ」宣言・大衆演劇への誘い 役者点描・新人女優・春夏悠生に求められる《思い切り》
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2018-08-23

役者点描・新人女優・春夏悠生に求められる《思い切り》

「鹿島順一劇団」の女優は、筆頭が春日舞子、つづいて弟子の春夏悠生、幼紅葉の三人である。春夏悠生は「シュンカ・ユウキ」と読む。千葉県市原市出身、誕生日は11月26日、血液型B型、初舞台は18歳とのことだが、それ以外の詳細を私は知らない。以前には、香春香、生田春美といった新人女優がいたが、いずれも長続きしなかった。しかし、春夏悠生は少なくとも3年間は、耐えている。文字通り「石の上にも三年」という気配で、ようやく、その舞台姿が「絵」になってきたようだ。当初は、緊張のためか「笑み」にとぼしく、「色香」に欠けていたが、最近では「呼吸」も整い、見応えのある風情を醸しだしつつある。芝居では、「源太時雨」の不貞妻、「アヒルの子」の間借り人妻のように、ふがいない亭主を、けんもほろろに「一喝」する風情は格別、それまで、しおらしく装って いたが、突如として本性を現すといった「変化」(へんげ)の妙を垣間見せている。「芸風」はまだ未完成(未知数)だが、可憐な娘役というよりは、したたかな「悪女」「毒婦」、「三枚目」の方が向いているかも知れない。とはいえ、風貌は上品で美形、「仇討ち絵巻・女装男子」の武家娘、「浜松情話」の茶屋娘、「明治六年」の半玉芸者、「黒髪道中・縁結びの三五郎」の恋女房、「悲恋流れ星」の盲目娘、「新月桂川」一家親分の娘・・・等々、彼女の「はまり役」に事欠くことはない。また、「長ドス仁義」の「ちょい役」、宿屋の女中でも「はーい、ただ今」などと爽やかな声を出しながら、一向に客の求めに応じようとない、そのあっけらかんとして無責任な様子が、いかにも今風で面白かった。いずれにせよ、師は劇団の名女優・春日舞子である。その後を継ぐ(恩を返す)ためには、「春木の女」の漁師娘・おさき、「噂の女」のお千代たん、「悲恋夫婦橋」の芸者といった「大役」に(とりあえずは年相応の「若役」から、(果敢にも)挑戦することが不可欠だと思われる。この1年、とりわけ「舞踊・歌謡ショー」で、彼女の出番は少なかった。「裏方」に回ることが多く、照明、着付け、音響、整理、等々を手際よくこなすことによって、劇団の「名舞台」を、陰から支えていたのであろう。それもまた「実力」のうちであり、そうした「下働き」こそが「芸の肥やし」になることを肝銘しなければならない、と私は思う。舞踊ショー、彼女の演目は、相舞踊が多く、幼紅葉との「気まぐれ道中」「くれむつ小町」「可愛いベービー」「おきゃん」、赤銅誠との「ほの字のほ」が定番である。それらは全体プログラムの「彩り」として貴重であり、たいそう魅力的だが、春夏悠生でなければならない「当たり芸」も観てみたい。彼女の個人舞踊の演目は「明治桜」「男の激情」(立ち役)、「いろは坂」「私が生まれて育ったところ」「桃色ガラス」くらいであろうか。いずれも「達者」にはなってきているが、今一歩の「説得力」が足りない。客に訴える《眼目》が何か、はっきりしないのだ。いうまでもなく、個人舞踊は、自分一人で主役を張れる「三分間のドラマ」であり、出番が少なければ少ないほど、客の「集中度」「期待度」は増すものである。それゆえ、「この一番」に賭ける気迫が欲しい。個人舞踊はもとより、組舞踊、相舞踊でも、「客の視線を独占してやろう」という意気込みがあってこそ、艶やかで、爽やかな舞台模様を描出できるのだから・・・。「かしま会ホームページ・」観劇レポ」を見ていたら、唯一(ただ1回)、相舞踊「吉良の仁吉」(座長・鹿島順一)という記録があった。もしかして、吉良の仁吉が三代目鹿島順一、女房お菊が春夏悠生、音曲は「吉良の仁吉」(作詞・荻原四朗、作曲・山下五郎)、歌は美ち奴(最善)?、それとも三門忠司(次善)? 。いずれでもよい、もしそうだとしたら、その舞台こそ、春夏悠生が「当たり芸」を磨き上げる千載一遇のチャンスに他ならない。吉良の仁吉は二十八、お菊十八歳。「嫁と呼ばれてまだ三月 ほんに儚い夢のあと 行かせともなや荒神山へ 行けば血の雨涙雨」といった愁嘆場を描出できるのは、「自分しかない」と言い聞かせ、三代目鹿島順一と「五分で渡り合う」《思い切り》(捨て身の思い上がり)が、今、春夏悠生に求められているのではないか。「鹿島順一劇団」に居るかぎり、名優への道は、いつでも、どこでも、誰にでも開かれている。そのことを誇りとして、研鑽・精進に励んでいただきたい、と私は思う。(2011.6.11)




にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村 
blogram投票ボタン

観劇 ブログランキングへ

ブログランキングNo.1
ブログランキングNO1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク


プロフィール

e184125

Author:e184125
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングNO1
ブログランキングNO1