META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" 脱「テレビ」宣言・大衆演劇への誘い 《結び》・さらば「大衆演劇」、そしてありがとう!
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2018-07-17

《結び》・さらば「大衆演劇」、そしてありがとう!

 遠くは昭和47年、近くは平成19年以来足かけ10年に亘って、大衆演劇の舞台を見聞してきたが、どうやら見納めの時期が来たようである。劇団は全国に150余りあり、日にち毎日、珠玉の舞台を展開していることに変わりはないものの、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」(方丈記)とあるように、劇団の盛衰、様変わりも甚だしく、古稀を過ぎた私にとっては「ついていけない、もういいか・・・」という気持ちを抑えることができなくなった。役者の面々は、昭和生まれから平成生まれへと、世代交代を迎えている。観客層も然り、もはや私の座る場所はないのである。
 これまで120ほどの劇団を見聞しその舞台模様を「素描」した。それらは「見極める劇団」と「見限る劇団」に大別されるが、前者の筆頭は「鹿島順一劇団」であろうか。初見聞は平成19年11月、みのりの湯柏健康センター(千葉県)であった。当時の座員は座長・二代目鹿島順一(現・甲斐文太)、三代目虎順(現・三代目鹿島順一)、春日舞子、梅之枝健、蛇々丸、花道あきら、春大吉、金太郎、香春香といった面々である。しかし、十年後の今、蛇々丸は「浪花劇団」、春大吉は「おおみ劇団」へと去り、甲斐文太、三代目鹿島順一は「劇団松丸家」、花道あきらは「橘小竜丸劇団」で客演中・・・.。いぶし銀のような梅之枝健、春日舞子の艶姿、途中から加わった赤胴誠、生田春美、春夏悠生、幼紅葉らの溌剌とした姿も今はない。まさにこの世は「有為転変」、「淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまるためしなし」といった有様なのである。
 「鹿島順一劇団」の真骨頂は、芝居演出の見事さにある。「春木の女」「噂の女」「浜松情話」をはじめ「心もよう」「悲恋流れ星」「明治六年」「紺屋高尾」「人生塙舞台」「大江戸裏話・三人芝居」「里恋峠」「月とすっぽん」「関取千両幟」「源太しぐれ」「アヒルの子」「大岡政談・命の架け橋」「男の盃・三浦屋孫次郎」「会津の小鉄」「黒髪道中・縁結びの三五郎」「木曽節三度笠」「越中山中母恋鴉」「悲恋夫婦橋」「六十一賀の祝い」「幻八九三」「吉五郎懺悔」「雪の信濃路・忠治御用旅」「武士道くずれ」「浮世人情比べ」「弥作の鎌腹」「月夜の一文銭」「「恋の辻占」「長ドス仁義」「新月桂川」「仇討ち絵巻・女装男子」「月の浜町河岸」「マリア観音」などなどの名場面が、今、走馬灯のように浮かんでくる。歌謡・舞踊ショーも見事であった。甲斐文太の歌声は天下一品、「瞼の母」「よさこい慕情」「北の蛍」「男の詩」「恋あざみ」「無法松の一生」・・・などなどを流行歌手以上に歌いこなす。舞踊では、「安宅の松風」「弥太郎笠」「ど阿呆浪花華」「浪花しぐれ『桂春団冶』」、が珠玉の絶品、「立ち役」の色香をこれほどまでに描出できる役者は少ない、と私は思う。さらにはラストショー、「刃傷松の廊下」(甲斐文太の歌声)に始まる「忠臣蔵」の舞踊絵巻、「人生劇場」の人間模様、「珍島物語」の艶やかさなどは、今も私の脳裏に焼き付いて消えることはない。
 以下、これまでに見聞した劇団の中から、(忘れ得ぬ) 極め付き名狂言、珠玉の名場面、至芸の数々を列挙したい。

◆「都若丸劇団」:芝居「下町人情」「地獄の花嫁」
◆「劇団翔龍」:芝居「瞼の母」「帰ってきた兄弟」「追われる女」、舞踊「哀愁海峡」(見城たかし)
◆「新川劇団」:芝居「裸の大将放浪記」「原爆の子」
◆「藤閒智太郎劇団」:芝居「大人の童話」「長崎物語」「源吉渡し」「天竜筏ながし」
◆「劇団花吹雪」:芝居「一本刀土俵入り」(客演・三河家諒)「道中夢枕」「お祭り提灯」
◆「劇団逢春座」:芝居「血まみれ草子」「浜の兄弟」
◆「劇団春陽座」:芝居「故郷の兄」「人生双六」
◆「劇団竜之助」:芝居「人間」、舞踊「残侠子守唄」「お梶」「リバーサイドホテル」(大川竜之助)、「悲しい酒」「無法松の一生」(大川龍昇)、ラストショー「極道の妻たち」
◆「剣戟はる駒座」;芝居「雪と墨」、舞踊「哀愁列車」「網走番外地」
◆「劇団花車」:舞踊「瞼の母」「おかあさん」(姫勘九郎)
◆「紅劇団」:芝居「伊太郎夫婦笠」「芸者の里」
◆「近江飛龍劇団」:芝居「昭和の男」「紺屋高尾」「新月桂川」
◆「たつみ演劇BOX」:芝居「三島と弁天」、舞踊「お吉花無情」(辰己龍子)、「酒場川」「さんさ恋しぐれ」「命くれない」「最上川恋唄」「ふるさと恋歌」「愛燦々」(葉山京香)
◆「三河家劇団」:芝居「マリア観音」「女たちの忠臣蔵」、舞踊「長良川艶歌」「ホテルみなとや」(三河家諒)、歌謡「東京宵待草」(三河家諒)
◆「風美劇団」:芝居「かんちがい」「風美版・姥捨山」「江戸の世噺し」、歌謡「白雲の城」(風美登志也)、口上(風美翔蔵)
◆「劇団新」:芝居「雪の夜話」「三人出世」、歌謡「ひばりの佐渡情話」(龍児)
◆「劇団朱光」:芝居「お吉物語」「雨の他人舟」「へちまの花」「質屋の娘」「かげろう笠」
◆「長谷川武弥劇団」:芝居「二人忠治」「死んでたまるか」
◆「劇団京弥」:芝居「喧嘩屋五郎兵衛」「五十両の行方」
◆「南條隆とスーパー兄弟」:芝居「花街の母」「河内十人斬り」、ラストショー「平家物語・壇の浦決戦」
◆「劇団荒城」:芝居「富くじ千両旅」「遊侠三代」、ラストショー「白鷺の城」(荒城真吾)
◆「玄海竜二一座」:芝居「男十三夜」、ラストショー「ヤットン節」
◆「南條光貴劇団」:芝居「悪夢」「酒屋」、舞踊「加賀の女」(南條光貴)、ラストショー「龍神の舞」
◆「新演美座」:芝居「十三夜」
◆「劇団颯」:芝居「森の石松の花嫁」「天保水滸伝・笹川の花会」
◆「市川千太郎劇団」:芝居「湯島の白梅」「奥様仁義」
◆「劇団天華」:芝居「源助地蔵」「丸髷芸者」、舞踊「博多恋人形」(喜多川志保)
◆「松丸家劇団」:芝居「女装男子」「関取千両幟」
◆「劇団駒三郎」:芝居「祭りの夜」
◆「若葉劇団」:芝居「お母さんのお弁当箱」「上州わらべ唄」
◆「劇団紫吹」:芝居「大島情話」
◆「劇団光栄座」:ラストショー「三味線太鼓ショー」(初代・姫川竜之助)
◆「劇団春」:芝居「一姫二太郎三カボチャ」
◆「劇団美鳳」:芝居「花かんざし」
◆「劇団章劇」:芝居「御用晴々街道」「新月桂川」
◆「劇団武る」:芝居「おさん徳兵衛」
◆「桑田劇団」:芝居「お春茶屋」、「歌謡ショー」(桂木昇、音羽三美、三門扇太郎、桑田淳、山下久雄)
◆「小林劇団」:芝居「弁天小僧菊之助」「植木屋松五郎」、舞踊「天城越え」(小林真)、「一本刀土俵入り」「人生劇場」(小林隆二郎)、歌謡「無法松の一生」(小林真弓)
◆「花柳劇団」:芝居「忠治旅日記」、楽団ショー「かえり船」(花柳隆)
◆「宝海劇団」:芝居「吉五郎懺悔」、舞踊「雪椿」(宝海大空)
◆「橘小竜丸劇団」:芝居「弁天小僧・温泉の一夜」
◆「劇団夢舞俱羅」:相舞踊「お初」(高峰調士、南條なほみ)
 
ざっと思い出したままを列挙したが、この他にも珠玉の名場面は数々あったと思う。
この10年間、テレビ娯楽に別れを告げ、「大衆演劇」の醍醐味を十二分に味わうことができた。あらためて各劇団、関係者の方々に感謝申し上げ、筆を措く。さらば「大衆演劇」!、そして、ありがとう!。グッド・ラック!!
(2016.6.2)




にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村 
blogram投票ボタン

観劇 ブログランキングへ

ブログランキングNo.1
ブログランキングNO1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

結び、ということで記事は終わり、ということならば、これほど残念なことはありません
最期の記事を三代目鹿島順一劇団で締めくくられておられましたね
私も、鹿島劇団が好きで、現状が残念でなりません
どうも、来年1月に再始動する、と甲斐文太が客演する松丸家の公演の口上で発表されたようで、一条の光が見えました
私は大衆演劇を観始めて2年3カ月
私の大衆演劇観劇は、まだまだこれからで続きます
どうかおつかれさまでした

山口様

コメントありがとうございました。
これからは大衆芸能の別のジャンルを綴りたいと思います。
文字だらけの冴えないブログにお付き合いいただきありがとうございました。
山口様の今後ますますの御活躍をお祈り申し上げます。
スポンサードリンク


プロフィール

e184125

Author:e184125
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングNO1
ブログランキングNO1