META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" 脱「テレビ」宣言・大衆演劇への誘い 脱「テレビ」宣言・《テレビ業界・一億層未熟化時代》
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
2019-04-22

脱「テレビ」宣言・《テレビ業界・一億層未熟化時代》

「夫婦げんかは犬も食わない」というが、テレビ芸人の夫婦が「離婚」したところで「何の不思議もない」のに、ましてその原因が夫の「浮気」だったとすればなおさらのこと、〈陣内離婚“すべては僕の責任”浮気謝罪・・・紀香に未練涙浮かべた会見全容〉(日本テレビ・3月25日)などという番組を「垂れ流している」スタッフ並びにキャスト、加えてその視聴者(私自身も含めて)は、まさに「犬」以下の存在に成り下がった、と言っても過言ではあるまい。中でも、開いた口がふさがらないというか、嗤う他はないというか、背筋が寒くなるというか、前代未聞の出来事は、夫の浮気が発覚した後、夫の両親、妻、妻の両親、合わせて六人が「今後のあり方」について家族会議を開いたということである。犬も食わない夫婦の「痴話げんか」に、双方の両親が「顔を出し」「口を出す」様子は、想像しただけでも「珍奇そのもの」、各自の立場をわきまえない「けじめのなさ」「未熟さ」に吐き気を催すほどだが、スタッフ並びにキャストは「何の不思議もなく」「当然のことのように」報道している姿勢もまた「未熟の極み」という他はない。今や、結婚も離婚も「保護者つき」でなければできなくなったということである。キャストの一人が(二人の離婚を)「実に、残念です」等とコメントしていたのも、白々しい。そのおかげで番組ができ、そのおかげでギャラをもらっている自分自身の「さもしい姿」に気づいていないのだろう。
 いずれにせよ、昔は「犬も食わなかった」事象に「よだれを流し」、「とるにならない情報」を「飯の種」にしている「テレビ業界」の退廃も「ここに極まれり」ということである。大宅壮一はテレビ・メディアによる「一億総白痴化」を危惧したそうだが、その前に「一億総未熟化」の時代が訪れたことは確かなようである。(2009.3.25)



にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村 
blogram投票ボタン

観劇 ブログランキングへ

ブログランキングNo.1
ブログランキングNO1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク


プロフィール

e184125

Author:e184125
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキングNO1
ブログランキングNO1